作成者別アーカイブ: wpmaster

ichinosuke
昼の部はご好評につきチケットは完売しておりましたが、「どうしても春風亭一之輔師匠を見たい!!」という皆さんのリクエストに応え、落語会なのに立ち見券を追加販売します(立ち見券はチケットぴあのみでの販売です)。

ビクター「二八落語会」※昼の部立ち見券
日程:2014年8月30日(土)
場所:原宿VACANT(東京都渋谷区神宮前3-20-13)
出演者:春風亭一之輔
昼の部13:30-14:00      *昼夜入れ替え制
前売2800円(1drink代込)
発売日:8月9日(土)10:00
チケットぴあ
立ち見も学割あり!~入場時に学生証を提示で500円キャッシュバック
本公演中は立ち見となります。席が空いている場合でも、着席はご遠慮下さい。
未就学児のご入場はご遠慮下さい。/会場後方からの鑑賞となります。

ビクター二八落語会を前に、一之輔師匠にコメント動画をいただきました。


8月30日 昼席:春風亭一之輔 / 夜席:入船亭扇辰

場所:原宿VACANT (東京都渋谷区神宮前3-20-13)
時間:昼席 開場13:30/開演14:00 夜席 開場 17:30/開演18:00 (昼夜入替制)
座席:全席自由 ※未就学児のご入場はご遠慮下さい。
価格:¥2,800(税込)/当日 ¥3,300(税込)(1drink代込)
※学割あり!~入場時に学生証を提示で¥500円キャッシュバック

プレイガイド(現在、夜の部のみ発売中)
ぴあ
ローソンチケット
イープラス

WEB予約
VACANT受付 <http://www.vacant.vc/>
※予約フォームは、WEB中の「イベント」内、公演紹介ページ〈RESERVE〉ボタンより立ち上がります。
※VACANTにて予約をされたお客様は最終案内となります。
お問合せ:原宿VACANT 03-6459-2962

0628rakugokai
落語好き、落語を聞いたことのない方、どちらも楽しんでいただけるよう、円熟の名人から、今勢いのある名人、そして未来の名人まで「本物」をお届けします。

会場は、ライブなどが多く行われるイベントスペース「原宿VACANT」。
併設の雑貨店やカフェにふらっと立ち寄る感覚で、誰でも気軽に落語を楽しめます。
木目調のシンプルな空間で、噺家の息遣いを感じられる、とっても贅沢な落語会です。
毎回、たっぷり二席の落語をお届けいたします。

三回目となる8月30日は、昼に春風亭一之輔師、夜に入船亭扇辰師を迎えて開催。
チケットのお求めはお早めに。

8月30日 昼席:春風亭一之輔 / 夜席:入船亭扇辰

場所:原宿VACANT (東京都渋谷区神宮前3-20-13)
時間:昼席 開場13:30/開演14:00 夜席 開場 17:30/開演18:00 (昼夜入替制)
座席:全席自由 ※未就学児のご入場はご遠慮下さい。
価格:¥2,800(税込)/当日 ¥3,300(税込)(1drink代込)
※学割あり!~入場時に学生証を提示で¥500円キャッシュバック

プレイガイド
ぴあ
ローソンチケット
イープラス

WEB予約
VACANT受付 <http://www.vacant.vc/>
※予約フォームは、WEB中の「イベント」内、公演紹介ページ〈RESERVE〉ボタンより立ち上がります。
※VACANTにて予約をされたお客様は最終案内となります。
お問合せ:原宿VACANT 03-6459-2962

0628rakugokai

三遊亭兼好師匠よりコメント到着!

「本物を身近に」。
落語好き、落語を聞いたことのない方、どちらも楽しんでいただけるよう、円熟の名人から、未来の名人まで「本物」をお届けします。

4月から始まったビクター二八落語会。
6月28日(土)に開催される二回目が迫ってまいりましたが、夜席に登場する三遊亭兼好師匠よりコメントをいただきました。
普段から和装の兼好師匠。着こなしが、さすがです。

橘家文左衛門師匠のロングインタビューと貴重な写真で綴る総力特集がスタート。

bunzaemon3_650x358

 

 

 

 

 

 

 

同じく6月28日(土)の昼席に登場する橘家文左衛門師匠の特集が、落語系情報サイト「噺-HANASHI-」で展開中。
入船亭扇辰師匠、柳家小せん師匠と組んだ噺家バンド・三K辰文舎などでの音楽活動でも知られる文左衛門師匠とじっくり音楽談義しながら、師匠の落語に対する思いを聞いています。
また、バンドのステージ写真も合わせて公開しています。

文左衛門師匠の総力特集、是非チェックしてみてください。
そして、会場で、生の高座に触れてください。

文左衛門師匠の総力特集は⇒こちら。


6月28日 昼席:橘家文左衛門 / 夜席:三遊亭兼好

場所:原宿VACANT http://vacant.n0idea.com/ (東京都渋谷区神宮前2-2-0-13)
時間:昼席 開場13:30/開演14:00 夜席 開場 17:30/開演18:00 (昼夜入替制)
座席:全席自由 ※未就学児のご入場はご遠慮下さい。
価格:¥2,800(税込)/当日 ¥3,300(税込)(1drink代込)
※学割あり!〜入場時に学生証を提示で¥500円キャッシュバック

チケット概要
vacantメール予約: booking@n0idea.com (VACANT)
※件名を「ビクター二八落語会」とし、本文に「お名前/人数/ご連絡先」を記入したメールをご送信ください。
万が一、2〜3日経っても返信がない場合は、03-6459-2962(VACANT)までお電話ください。

ぴあ: 0570-02-9999(Pコード 436-624)
ローソンチケット:http://l-tike.com/ 0570-084-003(Lコード 34940)
イープラス

WEB予約:VACANT受付
※予約フォームは、WEB中の「イベント」内、公演紹介ページ〈RESERVE〉ボタンより立ち上がります。
※学割あり~入場時に学生証を提示で500円キャッシュバック
※1drink代込/全自由/未就学児のご入場はご遠慮下さい。
お問合せ:原宿VACANT 03-6459-2962″ http://vacant.n0idea.com/(東京都渋谷区神宮前2-2-0-13)


ビクターのfacebookでは落語のみならず様々なビクター所属のアーティストの情報を発信中。
ビクターfacebookはこちら

二八落語会ってどんな雰囲気?

「本物を身近に」をキーワードに、4月から原宿VACANTでスタートしたビクター二八落語会。
第二回目は6月28日(土)、昼席:橘家文左衛門師匠、夜席:三遊亭兼好師匠を迎えて開催されます。
原宿にある素敵なイベントスペースVACANTで行われるこの落語会は、どんな雰囲気なのかをご紹介します。

普段生活している中では、落語に出会う機会ってそうそうないですよね。
そもそも落語って、どこで聴けるの?
そんな声も頻繁に耳にします。
そこら辺の落語指南は後日にするとして、そんな落語ビギナーにもうってつけなのがビクター二八落語会。
本物を気軽に聴けるというコンセプトで、落語通からビギナーまで幅広いお客様が集います。

昨年、新宿末広亭で初落語を体験したビクター社員の「なごみ」ちゃん。
今回は人生3回目となる落語体験に、4月に開催された「二八落語会」に来てくれました。

なごみちゃんと、ビクター二八落語会の様子や、会場である原宿VACANTへの道順を見ていきます。

お客様の入る前、会場はこんな感じ。
1会場 (640x427)

外観はコチラ。
2外観 (640x427)

落語会の日は、外に目印となるこのような看板が出ています。
ロゴにもニッパーがいますよ。

3外パネル (640x450)

会場ではビクターのロゴとしてお馴染みのニッパー君もお出迎え
4ニッパーもお出迎え (640x480)

ビクター落語会DVDも販売中。名人、名演の数々~!
5DVDも販売中 (640x480)

ニッパーグッズもお持ちしています~。懐かしい陶器のニッパーからトートバッグにマグカップ、iPhoneケースまで~。
6ニッパーグッズも並びます (640x480)

ニッパーTも!クラシカル!
7ニッパーTも (640x480)

二八落語会は「1ドリンク制」となっていて、入場時にソフトドリンクからアルコールまでお好きなドリンクをオーダーいただき、飲みながらご覧いただけます。
フードのご用意はありませんが、開演まで、そして周りの方のご迷惑にならない、つまり音が鳴らない、あまり匂いが強くないようなものでしたら、開演中でもご飲食いただけます。

そう。
落語は自由にお楽しみいただけるのが醍醐味!
大笑いしたり、くすっと笑ったり、時には涙が出たり。お好きにお過ごしいただけます。

お1人でいらっしゃる方もたくさんいます。
開演までの間、本を読みながらゆっくり過ごされる方、お友達と来られてお話しながらお待ちになる方、会場で販売されているDVDやニッパーグッズをご覧になる方、それぞれお好きなお時間をお過ごしください~。

また、二八落語会では前回より、会場の一角に「ニッパー青空文庫コーナー」を用意しています。スタッフの持ち寄った落語関連本が多数!
開演までの間や、途中休憩となる「中入り」の間など、会場内で自由にご覧いただけます~。ですので、お1人でお越しいただいても手持無沙汰にならず、十分に楽しんでお過ごしいただけると思います。(読み終えられましたら元の位置にお戻し下さいね。)

さて、ここからは、会場となります原宿VACANTに到着するまでの道程を、なごみちゃんと一緒にご紹介いたしましょう。

最寄駅は「JR原宿駅」
8原宿駅に到着したなごみちゃん (640x480)

今回は「表参道口」より会場へ向かいます!
9ここから会場へ向かいます! (480x640)

改札を出てすぐ、目の前の横断歩道を(GAPさん側へ)渡り、右手の「表参道」方向へ。
10最初の横断歩道を渡り、右手の表参道方向へ。 (640x480)

「表参道」へ出ましたら左へ曲がり。そのままずんずん下ります。
11表参道をずんずん下ります (480x640)

この日のなごみちゃんは「昼席」にやってきてくれました。
「二八落語会」の昼席は午後、昼食を終えられた頃のちょうどいい時間に始まります。

12昼席は午後、昼食を終えられて、ちょうどいい時間に始まります (480x640)

しばし新緑に見とれるなごみちゃん
13新緑に見とれるなごみちゃん (480x640)

コンビランチに見とれるなごみちゃん

14コンビランチに見とれるなごみちゃん (640x480)

この日は表参道沿いで和服のフリマが開かれていました。おお!って顔のなごみちゃん
15この日は和服のフリマが開かれていました! (480x640)

和服もお召しになるなごみちゃん。そのお値段に笑いが・・・
16和服もお召しになるなごみちゃん。そのお値段に笑いが・・・ (640x480)

むむ。いつの間にか真剣に・・・
17むむ。真剣に・・・ (640x480)

・・・とえらく真剣に選んでいると、会に間に合わなくなるのでこの辺で。
18・・・とえらく真剣に選んでいると会に間に合わなくなるのでこの辺で。 (640x480)

表参道をずんずん進むと明治通りの交差点に出ます。左手にラフォーレ原宿があるのでわかりやすいですね。
19左手にラフォーレのある、表参道と明治通りの交差点。 (480x640)

ラフォーレを左に見ながら左折します。
20ラフォーレを左に見ながら左折します。 (480x640)

ずんずん進みます
21ずんずん進みます (480x640)

クレープに見とれるなごみちゃん。時間があれば召しあがっても・・・
22クレープに見とれるなごみちゃん。時間があれば召しあがっても・・・ (480x640)

そして、竹下通りと交わる信号「竹下口」でストップ!
23そして、竹下通りと交わる信号「竹下口」でストップ! (640x480)

ここです!
24ここです! (640x480)

この信号で、明治通りをムラサキスポーツの方へ渡ります。
25この信号で、明治通りをムラサキスポーツの方へ渡ります。 (480x640)

ずんずん
26ずんずん (480x640)

するとムラサキスポーツの右側にHARAJUKU Stというアーチのかかった路地が見えてきます。
27するとムラサキスポーツの右側にHARAJUKU Stというアーチのかかった路地が見えてきます。 (480x640)

これこれ
28これこれ (480x640)

この小路に入り、不安がらずにどんどん進みます。
29そこを不安がらずにどんどん進みます。 (480x640)

アパレルや雑貨、色んなショップを抜けて参りますが、その際左手に注目。
30色んなショップを抜けて (640x480)

小路に入ってから、左手2つ目の角を左に曲がります。
31左側2つ目の路地を左に入ります (640x480)

すると・・・
32すると (480x640)

会場に到着!(曲がって2件目の3階建ての建物です。)
33会場に到着! (640x480)

ほっと一息のなごみちゃん
34一息 (480x640)

エントランス入ってすぐの1階は雑貨屋さん&コーヒースタンド。
35エントランス入ってすぐの1階は雑貨屋さん&コーヒースタンドがあります。 (640x480)

雑貨屋さんを入って右側に扉があり、会場となる2階へ続く階段があります。
36雑貨屋さんの右側に扉があり、会場となる2階へ続く階段へはここから入ります。 (640x480)

さて、この階段を
37さて、この階段を上 (480x640)

のぼりますと
38のぼりますと (480x640)

会場に到着です!チケットをもぎります際に、お好きなドリンクをお受け取りいただきます。お席は自由席。あいている席におかけくださいませ~。
39会場に到着です! (640x480)

こちらが落語家さんのあがるステージ、「高座」です。赤い毛氈に座布団!落語っぽいですね~。
40こちらが落語家さんのあがるステージ「高座」です (640x480)

こちらは出演者の名前の書かれた「めくり」
41こちらは出演者の名前の書かれる「めくり」 (640x480)

会場ではアルコールを含むドリンクが販売されています。青空文庫やDVDやニッパーグッズなどの販売も。思い思いに、開演までのお時間を楽しんでお過ごしください~。
42会場ではアルコールを含むドリンクが販売されています。青空文庫や物販も。 (640x480)

二八落語会は、前座さんが1席(噺一つを1席【いっせき】と呼びます)、それからメインの噺家さんが2席、もしくは3席話してくださる構成で、噺家さんの息遣いが感じられる空間で、たっぷり2時間の公演となります。
1席終わった後には【中入り】と呼ばれる約10分ほどの休憩時間があります。
この時間に追加でドリンクをオーダーいただいたり、お手洗いにいらしたり、ゆっくり過ごしてくださいませ。まだまだ終演ではありませんので、後半をお楽しみに~。

こちらはその日口演された演目を記載した「根多帳」です。こちらは毎回どなたがどのようなネタをおやりになったか、記録していく帳面です。
43根多帳 (640x480)

根多帳ではありませんが、この日にかかりました演目を「演目表」をとして、会場を出たあたりに掲出します。
この日の思い出としてお写真を撮られたり、メモを取られる方もたくさんいらっしゃいます。

そして、二八落語会にご来場の方には、レコードのライナーノーツ仕様の、出演者のご案内をお渡ししています。
当日いらっしゃれなかった方も、二八落語会のHPで後日DLいただけるようにアップいたします。どのような会かこちらでも感じて頂けるかと思います。

また、会場では、次回の「二八落語会」のチケットを販売することも。
どこよりも早くチケットを予約できますので是非ご利用くださいませ~♪

============================

ビクターのfacebookでは落語のみならず様々なビクター所属のアーティストの情報を発信中。
ビクターfacebookはこちら

落語”に興味のある音楽ファン激増中!!! 「二八落語会」開催記念!
期間限定“ビクター落語会DVD/橘家文左衛門「らくだ」フル視聴スタート!

「本物を身近に」。
落語好き、落語を聞いたことのない方、どちらも楽しんでいただけるよう、円熟の名人から、未来の名人まで「本物」をお届けします。

このコンセプトのもとに、<DVD発売>、<二八落語会>をスタートさせたビクターが、今回、「ビクター落語会DVD 橘家文左衛門 其の壱」より、橘家文左衛門師匠、大熱演の「らくだ」を期間限定で一席丸々、映像をフル公開。

昨年より数度にわたり、普段は音楽の情報を中心に情報を配信している、ビクターの公式facebookで落語を取り上げた際には、「古典芸能である“落語”に興味がありますか?」とユーザーに問いかけたところ、「是非見てみたい!」「聞いてみたい!」「落語は聞きたいが、いきなり落語を見に行くにはハードルが高い!」「興味はあるけど何から見てよいかわからない!」「落語はどこで見られるのか?」等のリアクションが驚くほど多くの方から寄せられました。

今回公開されるものは次回6月開催の<二八落語会>への出演も決まっている橘家文左衛門師。

次回6月28日に開催される落語会は、橘家文左衛門師匠の他に、三遊亭兼好師匠も出演。
落語好きも、落語が初めての方も、どちらも楽しんでいただける、まさに今、のりにのっている二人の高座を体験できる落語会となっています。会場はファッションイベントや、カルチャーイベントが多数行われる原宿VACANT。シンプルで、カジュアルな空間の中、限られた席数となりますが、本物の落語を間近で体験いただける会となっています。

今回の配信は、落語会の前日までの約1か月間の期間限定での公開ですが、落語を聞いたことのない方も、落語好きな方も、まずはこちらで気分を高め、是非、会場でも「生」の落語を楽しみに来場していただくのがお勧めです。落語会は残席が少なくなってきており、早めのご予約がお勧めです。

公演詳細、チケット予約はこちら⇒詳細を見る


ビクターのfacebookでも落語会のレポートをしてくれた
なごみちゃんからのオススメコメントが到着。

「古典芸のは難しいと思っていましたが、
 粋な江戸言葉で、江戸の暮らしが描かれていますが、
 同じ日本語!何の予備知識もなく聞いても
 楽しめることがわかりました!
 是非、じっくりと聴いてみてください!」

ビクターのfacebookでは落語のみならず様々なビクター所属のアーティストの情報を発信中。
ビクターfacebookはこちら

0628rakugokai
落語好き、落語を聞いたことのない方、どちらも楽しんでいただけるよう、円熟の名人から、今勢いのある名人、そして未来の名人まで「本物」をお届けします。

会場は、ライブなどが多く行われるイベントスペース「原宿VACANT」。
併設の雑貨店やカフェにふらっと立ち寄る感覚で、誰でも気軽に落語を楽しめます。
木目調のシンプルな空間で、噺家の息遣いを感じられる、とっても贅沢な落語会です。
毎回、たっぷり二席の落語をお届けいたします。

8月30日 昼席:春風亭一之輔 / 夜席:入船亭扇辰

場所:原宿VACANT (東京都渋谷区神宮前3-20-13)
時間:昼席 開場13:30/開演14:00 夜席 開場 17:30/開演18:00 (昼夜入替制)
座席:全席自由 ※未就学児のご入場はご遠慮下さい。
価格:¥2,800(税込)/当日 ¥3,300(税込)(1drink代込)
※学割あり!~入場時に学生証を提示で¥500円キャッシュバック
発売:6月28日(土)一般発売

プレイガイド
ぴあ
ローソンチケット
イープラス

WEB予約
VACANT受付 <http://www.vacant.vc/>
※予約フォームは、WEB中の「イベント」内、公演紹介ページ〈RESERVE〉ボタンより立ち上がります。
※VACANTにて予約をされたお客様は最終案内となります。
お問合せ:原宿VACANT 03-6459-2962

0628rakugokai
落語好き、落語を聞いたことのない方、どちらも楽しんでいただけるよう、円熟の名人から、今勢いのある名人、そして未来の名人まで「本物」をお届けします。

会場は、ライブなどが多く行われるイベントスペース「原宿VACANT」。
併設の雑貨店やカフェにふらっと立ち寄る感覚で、誰でも気軽に落語を楽しめます。
木目調のシンプルな空間で、噺家の息遣いを感じられる、とっても贅沢な落語会です。
毎回、たっぷり二席の落語をお届けいたします。

6月28日 昼席:橘家文左衛門 / 夜席:三遊亭兼好

場所:原宿VACANT http://vacant.n0idea.com/ (東京都渋谷区神宮前3-20-13)
時間:昼席 開場13:30/開演14:00 夜席 開場 17:30/開演18:00 (昼夜入替制)
座席:全席自由 ※未就学児のご入場はご遠慮下さい。
価格:¥2,800(税込)/当日 ¥3,300(税込)(1drink代込)
※学割あり!〜入場時に学生証を提示で¥500円キャッシュバック

チケット概要
vacantメール予約: booking@n0idea.com (VACANT)
※件名を「ビクター二八落語会」とし、本文に「お名前/人数/ご連絡先」を記入したメールをご送信ください。
万が一、2〜3日経っても返信がない場合は、03-6459-2962(VACANT)までお電話ください。

ぴあ: 0570-02-9999(Pコード 436-624)
ローソンチケット:http://l-tike.com/ 0570-084-003(Lコード 34940)
イープラス

WEB予約:VACANT受付
※予約フォームは、WEB中の「イベント」内、公演紹介ページ〈RESERVE〉ボタンより立ち上がります。
※学割あり~入場時に学生証を提示で500円キャッシュバック
※1drink代込/全自由/未就学児のご入場はご遠慮下さい。
お問合せ:原宿VACANT 03-6459-2962″ http://vacant.n0idea.com/(東京都渋谷区神宮前2-2-0-13)

hanashika_photo_yoko_hakushu

桃月庵白酒(とうげつあん はくしゅ)

1968年 12月26日生れ 鹿児島県鹿児島市出身 本名は愛甲尚人(あいこう なおと)
1992年4月 五街道雲助に入門 前座名「はたご」
1995年6月 二ツ目昇進 「喜助」と改名
2005年9月 真打昇進 三代目「桃月庵白酒」を襲名

色白で、やや小太り。愛嬌あるルックスで、高座ではいつも大汗をかき、手拭いで必死にぬぐっている。
そして、心地よい美声にして、やや早口。口調は、古式ゆかしい古典落語口調。ただ、その声で発せられるのは、毒のある現代的なギャグの数々。

現在の若手のトップランナーとして君臨している「白酒」の魅力を説明するのはとても難しい。ただ、その魅力は、高座に一度触れただけで容易に理解できる。

卓越した演技力や、緻密な人物描写で、古典の世界を非常にわかりやすく伝えてくれるのが魅力であるが、油断をすると、隙あれば差し込まれる細かなクスグリ(噺の中に演者が差し込むギャグ)の連打に、やられてしまう。
大げさな演出や力技で爆笑を誘うタイプではないが、細かな可笑しさが積もり積もって爆笑となる「白酒」ワールドは、唯一無二。

五街道雲助の総領弟子として、古典落語の実力は折り紙つき。師匠譲りの地に足の着いた実力派が、まくらから毒をさらりと吐きまくる。
そのスピード感のある芸は、非常に中毒性が高く、一度はまると抜け出しにくい。

今回発売されるDVDシリーズに収録の「松曳き」は、スピード感たっぷりで、抱腹絶倒のまさに「白酒」ワールドの典型と言える出来で、小刻みなジャブの連打に、最後は大きなダメ―ジを受けたかのような感覚に襲われる。

今、最も「生で観ておくべき噺家」の一人といっていい「白酒」は、寄席にもコンスタントに出演しており、
そしてホール落語への出演や独演会の数もずば抜けて多い。現在、古典落語への入り口として最適な噺家は、彼をおいて他にいない。


桃月庵白酒 其の壱
本格 本寸法 ビクター落語会 桃月庵白酒 其の壱 松曳き/山崎屋 ビクターエンタテインメント 2013.9.28 DVD VIBF-5491 2,667円+税
 
 
 
 

hanashika_photo_yoko_bunzaemon

橘家文左衛門(たちばなや ぶんざえもん)

1962年 3月25日生れ 東京都江戸川区出身 本名は込山豊男(こみやま とよお)
1986年10月 橘家文蔵に入門 
1986年3月 前座となる 前座名「かな文」
1990年9月 二ツ目昇進 「文吾」と改名
2001年9月 真打昇進 「文左衛門」に改名

背丈こそ決して大きくないけれど、がっしりとした体格、リーゼント風の髪型、威勢よくタンカをきる口調。 そんな強面の豪快キャラで、現在の落語界において異彩を放っているのが、この「文左衛門」だ。

ただ、何度も高座に触れ、じっくりと味わい続けていると、単に豪快キャラが乱暴者を地で行っているのではないことがよく分かる。 いくら乱暴者を演じても「文左衛門」の高座からは、ほんのりとあたたかいものを感じることが出来る。それは、一見して豪快なキャラとは裏腹な真面目で繊細な一面だ。

随所に盛り込まれるギャグはあくまでも破天荒ではあり、その破壊力は凄まじいものがあるが、噺は緻密に構築され、細かな演出も随所に見られる。 その配慮が登場人物にリアリティを持たせ、目の前でいきいきと動き始める。

荒くれ者と見せながらも、実は奥底に繊細さを隠し持つ。その二面性が「文左衛門」の最大の魅力であることは間違いない。

今回発売のDVDに収録されるネタは、乱暴者が登場する「らくだ」と、軽い前座噺の「青菜」。 「らくだ」の乱暴者の豪快さ加減はハマりすぎていて笑いを誘うが、「青菜」に出てくる植木屋夫婦のばかばかしい会話も妙に愛らしくて、笑わずにはいられない。

入船亭扇辰師、柳家小せん師とのトリオバンド「3K辰文舎(さんけいしんぶんしゃ)」をはじめ、パンクバンド「THE黒KARA」のボーカル&ギター担当するなど、 多方面で活躍しているが、歌声や、ステージングからも人柄が滲み出ている。


橘家文左衛門 其の壱
本格 本寸法 ビクター落語会 橘家文左衛門 其の壱 らくだ/青菜 ビクターエンタテインメント 2013.9.28 DVD VIBF-5488 2,667円+税
 
 
 
 

hanashika_photo_yoko_kikunojo

古今亭菊之丞(ここんてい きくのじょう)

1972年 10月7日生れ 東京都渋谷区出身 本名は小川亮太郎(おがわ りょうたろう)
1991年5月 古今亭圓菊に入門
1991年7月 前座となる 前座名「菊之丞」
1994年11月 二ツ目昇進
2003年9月 真打昇進
2013年3月 平成24年度芸術選奨文部科学大臣賞新人賞受賞

2000年代真打の活躍が今の落語界の盛隆の一因であることは確かだが、その中でもある種の異色と言えるのが「菊之丞」だろう。 新作や改作、現代的なスパイスを効かせる等のスタイルとは真逆の、古典をきっちりこなす正統派だ。しかし、正統派ではあるが、相対的にはかなり異色であると言っていい。そう、「菊之丞」は多くのパラドックスを孕んでいる。

中学生の頃から噺家を志して学校で披露するためにネタ数も増やし、進路を決める三者面談において担任の先生が親に「彼を噺家にさせてください」と懇願したという逸話が表す通りの、根からの落語好き。 まくらでもよく触れているが、その当時から江戸言葉が自然と出てしまい、友人にからかわれていたという。どこまでが真実かはわからないが、「菊之丞」の高座はそんなことを信じさせる魅力にあふれている。

よどみなく流れる江戸弁。美しい所作。まるで当時の役者を思わせるようなルックス。これらの様々な要素に、時に威勢よく、時になまめかしく人物を語り分ける話芸の前に広がるのは、見たことはないがなぜか懐かしい江戸の風景と、活き活きとした江戸の人々だ。

これぞ古典落語といえる「菊之丞」の芸は、現代的な側面はない。現代的ではないが、古めかしさも全くない。 誤解を恐れずに言えば、まだ40歳を少し超えたばかりの若手で、ここまで目の前にしっかりと古典落語の世界を描き出してくれる噺家は、他にいない。その意味でも、「菊之丞」は異色で、正統派なのだ。

13年3月には、24年度芸術選奨新人賞受賞とアナウンサーとの結婚という公私ともに充実し、今もっとも幸せな噺家と、他の噺家からまくらで散々いじられているのも微笑ましい。


古今亭菊之丞 其の壱
本格 本寸法 ビクター落語会 古今亭菊之丞 其の壱 愛宕山/紙入れ ビクターエンタテインメント 2013.9.28 DVD VIBF-5489 2,667円+税
古今亭菊之丞 其の弐
本格 本寸法 ビクター落語会 古今亭菊之丞 其の弐 妾馬/百川<新編成> ビクターエンタテインメント 2013.10.28 DVD VIBF-5490 2,667円+税