原宿VACANTで行われるビクター二八落語会ってどんな雰囲気?ビクター社員のなごみちゃんがレポート。

二八落語会ってどんな雰囲気?

「本物を身近に」をキーワードに、4月から原宿VACANTでスタートしたビクター二八落語会。
第二回目は6月28日(土)、昼席:橘家文左衛門師匠、夜席:三遊亭兼好師匠を迎えて開催されます。
原宿にある素敵なイベントスペースVACANTで行われるこの落語会は、どんな雰囲気なのかをご紹介します。

普段生活している中では、落語に出会う機会ってそうそうないですよね。
そもそも落語って、どこで聴けるの?
そんな声も頻繁に耳にします。
そこら辺の落語指南は後日にするとして、そんな落語ビギナーにもうってつけなのがビクター二八落語会。
本物を気軽に聴けるというコンセプトで、落語通からビギナーまで幅広いお客様が集います。

昨年、新宿末広亭で初落語を体験したビクター社員の「なごみ」ちゃん。
今回は人生3回目となる落語体験に、4月に開催された「二八落語会」に来てくれました。

なごみちゃんと、ビクター二八落語会の様子や、会場である原宿VACANTへの道順を見ていきます。

お客様の入る前、会場はこんな感じ。
1会場 (640x427)

外観はコチラ。
2外観 (640x427)

落語会の日は、外に目印となるこのような看板が出ています。
ロゴにもニッパーがいますよ。

3外パネル (640x450)

会場ではビクターのロゴとしてお馴染みのニッパー君もお出迎え
4ニッパーもお出迎え (640x480)

ビクター落語会DVDも販売中。名人、名演の数々~!
5DVDも販売中 (640x480)

ニッパーグッズもお持ちしています~。懐かしい陶器のニッパーからトートバッグにマグカップ、iPhoneケースまで~。
6ニッパーグッズも並びます (640x480)

ニッパーTも!クラシカル!
7ニッパーTも (640x480)

二八落語会は「1ドリンク制」となっていて、入場時にソフトドリンクからアルコールまでお好きなドリンクをオーダーいただき、飲みながらご覧いただけます。
フードのご用意はありませんが、開演まで、そして周りの方のご迷惑にならない、つまり音が鳴らない、あまり匂いが強くないようなものでしたら、開演中でもご飲食いただけます。

そう。
落語は自由にお楽しみいただけるのが醍醐味!
大笑いしたり、くすっと笑ったり、時には涙が出たり。お好きにお過ごしいただけます。

お1人でいらっしゃる方もたくさんいます。
開演までの間、本を読みながらゆっくり過ごされる方、お友達と来られてお話しながらお待ちになる方、会場で販売されているDVDやニッパーグッズをご覧になる方、それぞれお好きなお時間をお過ごしください~。

また、二八落語会では前回より、会場の一角に「ニッパー青空文庫コーナー」を用意しています。スタッフの持ち寄った落語関連本が多数!
開演までの間や、途中休憩となる「中入り」の間など、会場内で自由にご覧いただけます~。ですので、お1人でお越しいただいても手持無沙汰にならず、十分に楽しんでお過ごしいただけると思います。(読み終えられましたら元の位置にお戻し下さいね。)

さて、ここからは、会場となります原宿VACANTに到着するまでの道程を、なごみちゃんと一緒にご紹介いたしましょう。

最寄駅は「JR原宿駅」
8原宿駅に到着したなごみちゃん (640x480)

今回は「表参道口」より会場へ向かいます!
9ここから会場へ向かいます! (480x640)

改札を出てすぐ、目の前の横断歩道を(GAPさん側へ)渡り、右手の「表参道」方向へ。
10最初の横断歩道を渡り、右手の表参道方向へ。 (640x480)

「表参道」へ出ましたら左へ曲がり。そのままずんずん下ります。
11表参道をずんずん下ります (480x640)

この日のなごみちゃんは「昼席」にやってきてくれました。
「二八落語会」の昼席は午後、昼食を終えられた頃のちょうどいい時間に始まります。

12昼席は午後、昼食を終えられて、ちょうどいい時間に始まります (480x640)

しばし新緑に見とれるなごみちゃん
13新緑に見とれるなごみちゃん (480x640)

コンビランチに見とれるなごみちゃん

14コンビランチに見とれるなごみちゃん (640x480)

この日は表参道沿いで和服のフリマが開かれていました。おお!って顔のなごみちゃん
15この日は和服のフリマが開かれていました! (480x640)

和服もお召しになるなごみちゃん。そのお値段に笑いが・・・
16和服もお召しになるなごみちゃん。そのお値段に笑いが・・・ (640x480)

むむ。いつの間にか真剣に・・・
17むむ。真剣に・・・ (640x480)

・・・とえらく真剣に選んでいると、会に間に合わなくなるのでこの辺で。
18・・・とえらく真剣に選んでいると会に間に合わなくなるのでこの辺で。 (640x480)

表参道をずんずん進むと明治通りの交差点に出ます。左手にラフォーレ原宿があるのでわかりやすいですね。
19左手にラフォーレのある、表参道と明治通りの交差点。 (480x640)

ラフォーレを左に見ながら左折します。
20ラフォーレを左に見ながら左折します。 (480x640)

ずんずん進みます
21ずんずん進みます (480x640)

クレープに見とれるなごみちゃん。時間があれば召しあがっても・・・
22クレープに見とれるなごみちゃん。時間があれば召しあがっても・・・ (480x640)

そして、竹下通りと交わる信号「竹下口」でストップ!
23そして、竹下通りと交わる信号「竹下口」でストップ! (640x480)

ここです!
24ここです! (640x480)

この信号で、明治通りをムラサキスポーツの方へ渡ります。
25この信号で、明治通りをムラサキスポーツの方へ渡ります。 (480x640)

ずんずん
26ずんずん (480x640)

するとムラサキスポーツの右側にHARAJUKU Stというアーチのかかった路地が見えてきます。
27するとムラサキスポーツの右側にHARAJUKU Stというアーチのかかった路地が見えてきます。 (480x640)

これこれ
28これこれ (480x640)

この小路に入り、不安がらずにどんどん進みます。
29そこを不安がらずにどんどん進みます。 (480x640)

アパレルや雑貨、色んなショップを抜けて参りますが、その際左手に注目。
30色んなショップを抜けて (640x480)

小路に入ってから、左手2つ目の角を左に曲がります。
31左側2つ目の路地を左に入ります (640x480)

すると・・・
32すると (480x640)

会場に到着!(曲がって2件目の3階建ての建物です。)
33会場に到着! (640x480)

ほっと一息のなごみちゃん
34一息 (480x640)

エントランス入ってすぐの1階は雑貨屋さん&コーヒースタンド。
35エントランス入ってすぐの1階は雑貨屋さん&コーヒースタンドがあります。 (640x480)

雑貨屋さんを入って右側に扉があり、会場となる2階へ続く階段があります。
36雑貨屋さんの右側に扉があり、会場となる2階へ続く階段へはここから入ります。 (640x480)

さて、この階段を
37さて、この階段を上 (480x640)

のぼりますと
38のぼりますと (480x640)

会場に到着です!チケットをもぎります際に、お好きなドリンクをお受け取りいただきます。お席は自由席。あいている席におかけくださいませ~。
39会場に到着です! (640x480)

こちらが落語家さんのあがるステージ、「高座」です。赤い毛氈に座布団!落語っぽいですね~。
40こちらが落語家さんのあがるステージ「高座」です (640x480)

こちらは出演者の名前の書かれた「めくり」
41こちらは出演者の名前の書かれる「めくり」 (640x480)

会場ではアルコールを含むドリンクが販売されています。青空文庫やDVDやニッパーグッズなどの販売も。思い思いに、開演までのお時間を楽しんでお過ごしください~。
42会場ではアルコールを含むドリンクが販売されています。青空文庫や物販も。 (640x480)

二八落語会は、前座さんが1席(噺一つを1席【いっせき】と呼びます)、それからメインの噺家さんが2席、もしくは3席話してくださる構成で、噺家さんの息遣いが感じられる空間で、たっぷり2時間の公演となります。
1席終わった後には【中入り】と呼ばれる約10分ほどの休憩時間があります。
この時間に追加でドリンクをオーダーいただいたり、お手洗いにいらしたり、ゆっくり過ごしてくださいませ。まだまだ終演ではありませんので、後半をお楽しみに~。

こちらはその日口演された演目を記載した「根多帳」です。こちらは毎回どなたがどのようなネタをおやりになったか、記録していく帳面です。
43根多帳 (640x480)

根多帳ではありませんが、この日にかかりました演目を「演目表」をとして、会場を出たあたりに掲出します。
この日の思い出としてお写真を撮られたり、メモを取られる方もたくさんいらっしゃいます。

そして、二八落語会にご来場の方には、レコードのライナーノーツ仕様の、出演者のご案内をお渡ししています。
当日いらっしゃれなかった方も、二八落語会のHPで後日DLいただけるようにアップいたします。どのような会かこちらでも感じて頂けるかと思います。

また、会場では、次回の「二八落語会」のチケットを販売することも。
どこよりも早くチケットを予約できますので是非ご利用くださいませ~♪

============================

ビクターのfacebookでは落語のみならず様々なビクター所属のアーティストの情報を発信中。
ビクターfacebookはこちら